2017年5月25日木曜日

確実に上手になるというスゴいシステム


こんにちは。“がくぶちょー” です。

新1年生も入学からもうすぐ2ヶ月が経ち、大学生生活も板についてきました〜

今日は、横浜美術大学の大きな「売り」である基礎造形教育の授業を紹介します。実技の経験があまりない人でも確実に上手になるというスゴいシステムです〜 注)すでに上手な人はより一層上手になりますよ〜

ビジュアルデザイン…いわゆるV系1年生の実技授業の教室風景です。何か黙々と色を塗っているようですねぇ

色彩の理論をわかりやすく学び…

さまざまな色彩の対比や効果を実際に体験し…

有彩色と無彩色の配色パターンをつくる
 
美しい面積対比とカラーコーディネート
 
時には、構成や構図の感覚を磨き大小の丸ドットの貼り方次第でいろいろなイメージを表現できます〜重い軽いとか…
 
だんだん本格的な色彩構成になってきました〜幾何形体の構成ですね

イメージ対比の色彩構成…何のイメージだろう?

例えば これは「冷たい」と「熱い」イメージ。適確な寒暖対比ができていて、見ごたえのある構成ですねぇ


これは「都市」と「田舎」。街の地図と川の流れをイメージしているのかな?

そしてシメは、人物の色面分割をして色によって立体感を表現する課題です。使っている色数が少ないのにちゃんと顔に見えますね!

…このようにしてビジュアルデザインの力がつくのです〜! 実際はこの授業だけじゃなくて他にもいろいろやるんですが…

…ということで キミも 目指せ、ビヨンド!?)〜丸川東京オリンピック大臣がいますねぇ??
詳しくは… こちらの記事へ  どうぞ〜



ところで…昨年度の横浜美術大学 卒業制作選抜展 出品作品を常時ご覧いただけます!



★ 

http://www.yokohama-art.ac.jp

★  

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t

スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!

2017年3月16日木曜日

卒業制作選抜展を見に行って来きました〜 3


こんにちは。“がくぶちょー”です。

横浜美術大学卒業制作選抜展の第3弾!
いよいよビジュアルデザイン系3コースの特集です。

まずは、ビジュアルコミュニケーションデザインコース(長いっ…略してVCDコース)です。

では、王道を行く広告とブランディングデザインの作品から。コンビニで販売するための全国各地のお惣菜をブランド化、商品パッケージとその広告ポスターの提案です。
…わかりやすく明快で、しかも暖かい家庭の温もりを感じる、質の高いグラフィックデザインです。コレ そのまますぐ本当に商品化できますね〜!


 “ わくわくする ”「こども食堂」のビジュアル、プロダクツの提案。実は、貧困や孤食といった、こどもたちを取り巻く厳しい状況を “ デザインによって改善するというとても社会的な作品です。


あれ?イラストレーション?いえいえビジュアルコミュニケーションデザインコースの学生作品です。
手描きの動物の顔の部分は迫力があってとてもイキイキしていますね〜 コレ実は単純なイラストレーションではなく、背景に写真画像がデジタルコラージュされています。アナログ&デジタルの融合!→横浜美大の教育の特色だぁ〜(がくぶちょー

こちらはカードゲームのデザイン作品。自分の大好きな世界にどっぷり〜というのも卒制の醍醐味。

?!女子高生の足がいっぱい〜
女子高生 宇宙征服図鑑」という作品です。巨大な画集も作りました。絵は全部Mac…コンピュータで描いています。そのわりには絵に味がありますね
女子高生の足ネタたくさん考えました〜!
卒業式?入学式?桜が散ってるけどあの筒は卒業証書だよね?どっちだろう…

…↓部活で負傷??

…↓人魚の女子高生?このネタありだと何でもイケるね〜
 




なんだか絵っぽくなってきたので、イラストレーションコースの作品を見てみましょう。


イラストレーションコースといえば「絵本」。

…↓この絵本の原画です。繊細でとても優しいタッチですね〜

いろいろな「のぼる」を表現した絵本。
 …↓原画の展示方法がとてもユニーク!


イラストレーションコースなのですが、この学生は立体オブジェも一緒に作っています。
…↓作者は南米からの留学生。オリジナリティーある独特の雰囲気がとても魅力的です。

こちらはガッツリ描いた力作イラストレーション!
…↓ジャパニーズ「ミュシャ」だぁ! イラスト好きな人は巨匠ミュシャ知らないとダメだよん wikiってね

今年もいました! 完全立体イラストレーション。
…↓ よくできてるじゃん〜
(ぜんぜん関係ないけど横浜弁の「じゃん」って今は日本中で使うけど “がくぶちょー” が子どもの頃は東京の人は使ってなかったなあ…横浜あたりの人しか使ってなかったなあ…回想


「卒業制作選抜展を見に行って来きました〜 3」の回はだいぶ長くなってきました。何しろビジュアルデザイン3コースは人数が多いので… ということで最後に、映像メディアデザインコースの作品を見ましょう!

…まずは、今年度卒制の全学最優秀作品に贈られる「金兎きんと賞」を受賞した映像メディアデザインコースの作品をご覧ください。

前時代に発見された新生物の研究記録や発掘品を展示するという設定で、


…トランスジェンダーである作者が、自分自身の性を可視化し、アイデンティティーを検証するという、深く考えさせられるコンセプチュアルな作品です。表現分野の枠を超え、メッセージを強く発信しています。

では、次に映像作品を見てみましょう。映像作品は、大型液晶モニターか…
…↓このように暗室を作って、ミニシアターで上映します。

ブログなので…スクリーンショットでダイジェストでお届けします。
こちらは、惜しくも「金兎きんと賞」を逃した作品です。実写、グラフィック、アニメーションを巧みに取り入れた質の高い映像作品です。

…ほか、いろいろな作風の映像作品があります。例えば、かわいいイラストが動くアニメーション

実写の映像作品。テーマはセルフポートレイト。

亡き祖父の足跡をたどるドキュメンタリー作品。

戦隊モノだぁっ〜ちなみに青い方の正義の味方は「ハマビリオン」といいます〜

戦隊モノだぁっ〜(コレ、さっきと違う作者です)
では、思いっきり気合いを入れて戦闘シーンをコマ割りにしてみます〜!字幕はブログ演出上 “がくぶちょー” が勝手に入れてます

「エネルギー充填、出るか?必殺技〜!」
「いくぞ…」

「トゥゥゥッ〜!」
「それっ〜」 悪役くん、よく見ると犬みたいでけっこうかわいいなぁ…

「とりゃぁ〜!」
「ばぁぁぁ〜ん!」

「どうだ〜!」  …う〜ん、やっぱり、わんちゃん ちょっとかわいそうだなぁ


…ということで、一部ではありますが、3回にわたって横浜美術大学 卒業制作選抜展 出品作品をご覧いただきました!



http://www.yokohama-art.ac.jp

★ 

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t



スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!