2018年2月20日火曜日

横浜美大【卒制展】3


こんにちは。“がくぶちょー”です。

祝!卒制展特集第3弾。

V(ビジュアルデザイン)第2のコ〜ス、イラストレーションコース最優秀賞作品です。
タイトルは「植物譜」。書籍、テキスタイルデザインとその原画イラストです。

原画は、もの凄く繊細なタッチで透明感あふれる美しい色彩を表現しています。自由な発想で架空の植物をモチーフにしたそうです。



次は、イラストレーションコース優秀賞作品、つ目タイトルは「少年と星」 この作品はレリーフ状に手前に立体的に飛び出ていますよ〜 もちろん壁面の絵画として素晴らしいのですが、これらが動くアニメーションもぜひ見てみたいですね〜!


イラストレーションコース優秀賞作品、つ目。絵本作品です。原画の水彩画も展示されています。作者は青い色にとても深い思い入れがあるようですね。本物の原画の発色はやはり違います!宝石のように美しいです〜

イラストレーションコース優秀賞作品、つ目。タイトルは「fictional gairls」。直訳すれば架空の女の子ですね。架空とは言え、民族や国境を超え「こういう子どこかにいそうだね…」という不思議なリアリティーがあります。美しく、尚かつとても繊細なのですが、スケール感があり静かながら力強いパワーを感じます。


イラストレーションコース優秀賞作品、つ目(イラストレーションコースは一番学生数が多いので優秀賞4つも出るのです〜!)この作品は、絵の前に立体が別に設置されています。戦艦のようでもあり、怪物のような生き物にも見えるこの謎の船が、宇宙空間を漂流するんでしょうね。何のため?どこへ?誰が乗ってるの? 謎はどんどん深まります…

個人的にはこの作品も気に入りました。キャラが立っていて世界観が完璧にできあがっています。大小とり混ぜた絵の配置と、ジオラマというかぬいぐるみの壁面展示のバランスがとても良いですね!




 
次回は、V(ビジュアルデザイン)のコ〜ス、映像メディアデザインコースの卒制作品をお届けいたします。
…なお、C(クラフトデザイン)のクラフトコース、プロダクトデザインコース、テキスタイルデザインコース、A(絵画・彫刻)の絵画コース、彫刻コースの卒制作品は、この後、順次アップしていく予定です。
乞うご期待〜!


3月には、赤レンガ倉庫で卒制受賞作品展を改めて開催する予定です。
〈受賞作品展〉会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2F横浜市中区新港1-1/2018年 3月8日(木)〜3月13日(火)11:00〜19:00(最終日17:00まで)
…こちらの方も是非お立ち寄りください。

▶ビジュアルコミュニケーションデザインコース卒制作品記事




 

http://www.yokohama-art.ac.jp

  

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t




スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!

2018年2月19日月曜日

横浜美大【卒制展】2


こんにちは。“がくぶちょー”です。

卒業制作学内展の方は無事終了しましたので、
このあたりで、主だった各コースの受賞作品、そして全学で最も優れた作品に贈られる金兎きんと賞の方も、ガンガンご紹介していきたいです!

ちなみに、3月に赤レンガ倉庫で卒制受賞作品展を改めて開催する予定です。
〈受賞作品展〉会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2F(横浜市中区新港1-1)2018年 3月8日(木)〜3月13日(火)11:00〜19:00(最終日17:00まで)…です。

前回 ぶちょろぐ” では…
今年の卒展ポスターにも採用された…
このビジュアルコミュニケーションデザインコース最優秀賞受賞作品をご紹介しました。▶横浜美大【卒制展】1

この流れで、今年はV(ビジュアルデザイン)コースから見ていきましょう〜 ちなみに横浜美大にはV系の他にA系(絵画・彫刻)コース、C系(クラフトデザイン)コースがあります。

…ということで、引き続きビジュアルコミュニケーションデザイン(略称VCD)コース優秀賞作品。

チョコレートのブランディングデザインです。耽美な世界観を表現した画家ビアズリーと、若さと美しさのために若い娘の血を浴びたという16世紀のあるハンガリー貴族をイメージしたというパッケージデザインの提案。ユニークな付加価値を創り出すのがブランディングの大切な役割ですね!
…実はこの作者は、日本政府が推進する文化プロジェクト「beyond2020」のロゴマークをデザインした人でもあります〜!!

VCDコースの優秀賞もう一人。トースト大好き女子のイラストとカレンダー仕立てのレシピ提案。様々なグラフィックデザインの要素が複合した、とっても楽しい作品ですよ〜。イラストはデジタルで描かれた手書き風です。おいしそ〜


VCDコースの卒制をもう少し見てみましょう。

CGによる作品。一見写真のようですが、これも最優秀賞と同じようにAdobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)というグラフィックソフトで、丹念にしつこく写実的に表現しています。コンピュータのパス(線)によって描かれていることもプレゼンテーションされていますね。
あるミュージシャン(ひと目でわかりますが)にひたすらフォーカスした趣味性の高い卒制です。広報誌、イラスト、Tシャツなどが展示されています。ファンクラブの部屋みたいですね〜
いえ〜い
←このイナバ ちがうんじゃね?

ゲーム制作をした学生も何人かいました。吸血鬼をテーマにした学生は、お化け屋敷のような展示に!
ほか、キャラクターデザインや…
本物の虫の標本が付いた本の装丁デザイン…などの作品が印象的でした。

だいぶ長編ブログになってきましたので、今回はビジュアルコミュニケーションデザイン(長いね〜略称VCDコース卒制のの特集ということで、このあたりでひとまず終わりにさせていただきます。
引き続き次回から、同じくV系(ビジュアルデザイン)イラストレーションコース、映像メディアデザインコース、さらにC系(クラフトデザイン)のクラフトコース、プロダクトデザインコース、テキスタイルデザインコース、A系(絵画・彫刻)の絵画コース、彫刻コースと、順次ご紹介していきますよ〜!

ところで…そういえば「全学で最も優れた作品に贈られる金兎きんと」がまだ登場しませんね…
今年授与される海外研修旅行は、何とニューヨーク、ワシントン、ボストンです! すべての都市に世界的な素晴らしい美術館がありますね。
さて今年の「金兎きんと賞」はどのコースの学生でしょうか?とりあえず私が指導を担当したVCDコースじゃないことだけはわかってしまいましたね。

なるべく近日中に次回
 ぶちょろぐ” を
頑張ってアップします! お楽しみに〜



http://www.yokohama-art.ac.jp

 

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t



スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!

2018年2月17日土曜日

横浜美大【卒制展】1


こんにちは。“がくぶちょー”です。

卒業制作展がいよいよ始まりました〜!!

〈学内展〉会場:横浜美術大学構内 2018年 2月15日(木)〜2月18日(日)10:00〜17:00(最終日16:00まで)学内展は卒業生すべての作品を展示しています。
なお、3月には赤レンガ倉庫で受賞作品展を別途開催します。こちらもお楽しみに。
〈受賞作品展〉会場:横浜赤レンガ倉庫1号館2F(横浜市中区新港1-1)2018年 3月8日(木)〜3月13日(火)11:00〜19:00(最終日17:00まで)
今年の卒制展ポスター。
このポスターのビジュアルは、繊細なCGによってデザインされています。では、この繊細な表現を近くでよ〜く見てみましょう
メッシュ状の細かい線が幾何学的に集積し、まるで光って見えます。
実はこのポスターを作った学生も卒制で作品を展示していますよ〜
透明アクリル板にデジタル印刷してありますが、写真では何だかよくわからないですね…なので、します
タイトルは「光華」。Adobe Illustrator(アドビ・イラストレーター)というグラフィックソフトによって、丹念に丹念にデザインしました。デジタル作品とは言え、人の「手ワザ」を感じます! この作品は、ビジュアルコミュニケーションデザインコースの最優秀賞に見事輝きました。




この調子で他のコースも含め、力作をガンガンお見せしたいのですが、これから実際に見に来ていただく方々のお楽しみが無くなってしまうので…来週以降、学内展が終わったあたりのタイミングで改めてじっくりド〜ンとご紹介します。乞うご期待を! 小さめのイメージ画像でちょっと見せ


★ 

http://www.yokohama-art.ac.jp

 ★ 

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t


スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!