2017年11月8日水曜日

アートはリアルとバーチャル!

グラフティー“ハマウス” ハマウスとは?

こんにちは。“がくぶちょー”です。

横浜美術大学キャンパスで開催されたグラフティーのペイントパフォーマンスの様子をお伝えしましょう。

ドイツ・フランクフルト市から横浜市に招かれたグラフティー・アーティストのベッカーさんは、前日に1日かけて下絵を描きました。80%くらい描いて、翌日のパフォーマンスで一気に仕上げます。

パフォーマンス当日。午前中はベッカーさん指導によるスプレーペイントのワークショップ。「POP」文字に輪郭をつけてパワーアップ!

スプレーペイントに欠かせないダンボールマスキング。そこらにある端切れをテキトーに使ってシャープなラインを表現します。ぼけたグラデとシャープなラインのコンビネーションが決め手。ちなみにベッカーさん、校舎巨大壁画の方もこういった端切れで器用にマスキングしていました〜…大胆かつ繊細!

“がくぶちょー”も調子に乗ってハマウス描きました〜ステンシルを作ってフワッと塗ってみました。白い目は別版で。

だいたい2時間で完成!参加学生がテーマや制作意図をベッカーさんの前で発表しています。

午前中は、スプレーペイントと並行してソニー・デジタルエンタテインメントさんという未来的会社の協力で「空中にAR(拡張現実)で絵が描ける!」ワークショップも同時開催。
 

▶ソニー・デジタルエンタテインメントさんという未来的会社のHP

AR=Augmented Reality 「Augmented」はそのまま「拡張」という意味。VRはバーチャル(仮想)・リアリティー。ARの方が実際の行為として参加できるみたいな感じなのかなぁ…“がくぶちょー” テキトーなことを言っています。ソニー・デジタルさん 合ってますか〜?
→ARは現実の一部を改変することだそうです。余計わからないね…

ARハマウス描いてます。
…静止画ではその特長がよくわからないので、
リアル“がくぶちょー”がARハマウスと戯れる動画をアップしておきます。空間の中に3Dとして実際に存在しているかのようです〜

こっちのが良く描けてるかな…ピカ的AR作品。手描きだし何か違うものになってるからアップしちゃっても著作権的にも大丈夫でしょう…



あっ、そうそう、日本側からサポートアーティストとして参加していただいた、壁画ペインター&ソニー・デジタルエンタテインメントVRアーティストの吉田佳寿美かすみさんのペイントパフォーマンス作品もぜひご覧ください!描くの早いんですけど。
あまり時間はなかったのですが、リアルペイント作品にARアートもくっつけてくれました!










では、午後の仕上げパフォーマンスで完成した巨大スプレー壁画をご覧ください。ベッカーさんデカいぞ!

ワークショップ参加学生や見学者の皆さんと記念撮影〜

ペイントの様子は「ドローン」で撮影しました。
…ドローン見えないねぇ
拡大〜

画像超荒れてて何かUFOっぽい…

最終的にはドローン撮影動画も含めた写真や動画コンテンツを、改めて横浜市民とフランクフルト市民の皆さんに見ていただく予定です。(鋭意制作中です。しばらくお待ちを…)

また、来年は横浜市の方からドイツ・フランクフルト市にアーティストを派遣する計画があるみたいですよ。

アートは国境を超える…今から楽しみです!








こちらでは、昨年度の横浜美術大学 卒業制作選抜展 出品作品を常時ご覧いただけます。




★ 

http://www.yokohama-art.ac.jp

  

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t

スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!

2017年11月2日木曜日

◯◯の秋


こんにちは。“がくぶちょー”です。

パジャント(上の石膏像)って、頭の横にくっ付いてる巻き髪みたいな物体が泉屋のクッキーに似てるって描いてていつも思ってた
泉屋HPより

今日のタイトルは「◯◯の秋」です。

…っていうことは、まずは「食欲の秋」ですか?

ちょうどお腹が空いてきたので学食に行きます。
…何にしようかな
名物デミオムライス!…にしようっと。

?? 学食の中に何かポスターが貼ってありますね
やっぱ美大なんで「芸術の秋」ですよね。

…今週末の11月5日(日)にドイツからグラフティー・アーティストが来て、横浜美術大学の校舎の壁に直接ペイントするパフォーマンスがありますっていうお知らせです。
横浜市と横浜美術大学が共同で主催して…

ベッカーさんっていうアーティストが、こんな絵を実際に校舎の壁に描いちゃいます!
完成予想図

あと…

ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスさんという凄く先進的な会社が「空中にAR(拡張現実)で絵を描ける!」っていうワークショップも同時に開催してくれます。




天気も良さそうなので散歩がてら気軽に横浜美術大学キャンパスに遊びに来てくださいね〜



ちなみに…バーチャルでお散歩したい方は、こちらでどうぞ〜
下の写真の壁面がペイントされちゃう場所です。THETAの中で探してみてね。


そういえば…「スポーツの秋」っていうのもありますね〜
横浜DeNAベイスターズ 頑張れよぉ〜対戦相手の球団、超強いけど…ヨコハマ日本一ヨロシク!




こちらでは、昨年度の横浜美術大学 卒業制作選抜展 出品作品を常時ご覧いただけます。



★ 

http://www.yokohama-art.ac.jp

  

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t

スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!

2017年10月11日水曜日

謎が多い日



こんにちは。“がくぶちょー”です。
ジョルジョって首の傾きとか胸板の厚みとか顔似ないとか面倒クサかったなぁ〜

ところで…「ボクセル」って何だぁ?

「ボクセル」は、今年の横浜美術大学芸術祭のタイトルです。実行委員長によると意味は…
ボクセルとはデジタル上での立体物の最小単位。今年の芸術祭では「ボクセル」という言葉をテーマに設定し、「ボク(僕)のセル(細胞)」という意味を加え、デジタルとアナログの何が違うのか、どこから違ってくるのか、デジタルとアナログの境界にはなにがあるのか、またそれぞれの長所や短所はなんであろうかを模索するイベントを企画しています。 あなたも、イベントを通じて今一度デジタルとアナログの関係性について考察してみてはいかがでしょう。
…だそうです!コンセプチュアルだねぇ


…で、芸術祭の準備が始まっています。

テント組み立てるのけっこう難しいよね。

つじせんせいがんばってぇ

謎?の構造物がいっぱいあるぞ…
グラウンドに突如出現した巨大な木の箱
謎のバス停…これ前からずっとあるんですけど

今日のブログはなるべく謎のままにしておきます。

学生展示とか…
ライブとか…
フリマとか…
 グルメとか…
 とかとか…いろいろあるんですけど

詳しくはWebで…

お待ちしていますぅ


あと…昨年度の横浜美術大学 卒業制作選抜展 出品作品を常時ご覧いただけます。



★ 

http://www.yokohama-art.ac.jp

  

https://line.me/ti/p/%40rfp7823t

スマホをお持ちの方は、このハマウスボタンをクリックするとLINE横浜美術大学公式アカウントでお友だちになれます〜(パソコンの場合はQRコード経由でどうぞ!